電気工事施工管理の口コミモンスター

みなさんは、電気工事施工管理技士という資格をご存知ですか?

電気工事施工管理技士の合格率

電気工事施工管理の有資格者への求人が活性化しているのは、まず現場の施工管理業務において1級電気工事施工管理技士は中心的な役割を占める重要な資格であり、発注者側としても資格取得者を選考し発注する傾向があるからです。

しかも国や地方公共団体等が発注する公共工事においては、監理技術者は現場ごとに選任される必要があり、建設業許可事務のOA化により電気工事施工管理技士の有資格者の重複申請が厳重にチェックされるようになりました。

OA化が進むまでは、重複申請が問題になることが少なかったのです。

また、経営事項審査の技術力評価において1級電気工事施工管理技士は高い点数が加点され、企業評価がアップします。

最近の1級電気工事施工管理技士の最終合格率は平成20年度が27.3パーセント、平成21年度が21.0パーセント、平成22年度が25.5パーセント、平成23年度が27.5パーセントです。

【PR】http://plant.ten-navi.com/%E9%9B%BB%E6%B0%97%E5%B7%A5%E4%BA%8B%E6%96%BD%E5%B7%A5%E7%AE%A1%E7%90%86/